足に優しい靴の特徴・選ぶときのポイント

足に優しい靴の特徴・選ぶときのポイント

デザインが好きだから、オシャレのためだからと足に合わない靴を無理矢理に履き続けることは外反母趾やハンマートゥ、偏平足をはじめ、うおのめやたこ、爪の変形など足のトラブルの原因になることも少なくありません。

 

足のトラブルは日常生活に多大な影響を与えます。
足をかばうあまり、他の箇所にトラブルが起きたり、姿勢が悪くなったり・・・靴が全ての原因になるわけではありませんが、正しい靴選び、足に優しい靴選びをすることで足のトラブルの可能性を詰むことも可能です。

 

ここでは足に優しい靴とかどんな靴なのか?についてまとめていきます。

 

足に優しい靴・足が痛くならない靴の特徴

素材(固さ)

足に優しいと言うと、柔らかい靴や軽くて歩いても疲れない靴を想像する方は多いですが、むしろこれは逆で、歩きに適した靴というのは適度に固く、手に持つと少々重く感じるものが多いです。

 

硬くて重いと聞くと疲れそうだし、足がすぐに痛くなりそうと思えますが、しっかりと足をキープし、体重を支えてくれます。

 

少し極端な例えですが、ぐちゃぐちゃの泥道を進むより、カチッとしたアスファルトの上を歩く方が歩きやすいものです。

 

また、重い靴というのは歩いてみるとそれほど重さは気にならないものです。というのも足を前に投げ出すときに振られやすくなるため、逆に重い靴の方が歩きやすかったりします。

 

これまた極端ではありますが、長距離、しかも長い道のりを歩く登山靴というのは硬くて重いものがほとんどです。

 

中敷きと甲のアーチ

土踏まずのアーチは重要です。
土踏まずのアーチが低すぎると足のバネが利かず、うまく力が伝わりません。逆にアーチが高すぎても圧迫感を生みます。

 

また、足の甲のアーチとのバランスも重要で、甲のアーチがしっかりしていないと足の形が崩れやすくなります。甲の部分は調整の利く、紐タイプや伸縮性のある素材のものがおすすめです。

 

シーンに適した靴

靴はファッションの一部であり「オシャレは足元から」とも言われるほどにファッションの中でも重要なアイテムです。

 

しかし、靴にはそれぞれに目的を持って作られています。

  • 運動時は運動靴
  • 作業時は安全靴
  • ビジネスはビジネスシューズ

などシーンに合わせて専用の靴が作られています。

 

例えば、距離を歩くときは歩きやすい靴を履いたり、シーンによって靴を履き分けることも足のケアにはとても大切なことと言えます。その日の行動を考え、TPO(時間・場所・場合)に合った靴選びをしましょう。

 

足に合った靴く

何よりもあなたの足に合った靴を履くこと、これが一番重要です。
つまり、フィット感をしっかりと確かめるということ。

 

つま先・かかと・土踏まず・くるぶし・トップライン・履き口などがしっかり足にフィットした靴を選びましょう。

 

フィット感を確かめるの項を参考にしてください。
フィット感を確かめる|靴選びに大切なこと・確認しておくこと

 

 

 

これらを踏まえた上でなるべく全部、または多くのことを含む足にフィットした靴を選ぶことが足に優しい靴選びをする上で重要になります。

 

その上で上記を満たしたデザイン性の高い靴を選んだり、なるべく項目を満たした靴を選ぶことで機能性とデザインのバランスの取れたあなたに合った足に優しい靴が見つかるはずです。

 

デザインの良い靴はどこかを犠牲にしている場合もあるので、それぞれシーンに合わせて靴選びをすることも大切です。オシャレは我慢とも言いますが、我慢するときも必要ですし、我慢してはダメなときもあるはずです。こういった心のバランスもオシャレには結構重要かもしれません。

 

試着をすること

これは繰り返しになってしまいますが、とても大事なことです。
上で出したことを意識することは大事ですが、何よりも自分の足に合った靴を選ぶことが一番大切です。自分の足に合った靴を見つけるにはやはり試着はとても重要になります。

 

可能であれば店舗で、また、今はネットでも試着ができるサービスも人気があるのでそういったサービスを使い、納得いくまで試着すること。これがある意味で一番の足のトラブル対策に繋がります。
靴が試着ができる通販サイト

 

また、靴を履くときは足がむくんでサイズが微妙に大きくなっている時間に履いた方が後々ピッタリ合った靴を選びやすくなります。足がむくんでない時間帯にキツメを嫌い、余裕のある靴を選びサイズがぶかぶかなんてことにならないように注意しましょう。

 

ネットの試着なら朝・昼・夕いつでも履けるので色々な時間帯に吐いてみることもおすすめです。

 

靴選びのコツもまとめていますので合わせて読んでみてください。
靴選びのコツ

 

オーダーメイドもあり

どうしても良い靴が見つからない。
足が痛くて履ける靴がない。

 

そんな方はオーダーメイドも手段の一つです。

 

市販の靴を購入するよりも高くはつきますが、しっかりメンテナンスをして使えば長持ちしますし、何よりあなたの足にピッタリ合った世界に一つだけの靴です。

 

足の痛みという悩みからはほぼ確実に解放されるため、一つの選択肢としておすすめです。また、中敷きだけでもオーダーメイドで作ることでお気に入りの靴を足の優しい仕様にカスタマイズすることもできます。

 

オーダーメイドで1からデザインをするとなるとブランドの靴にかなわない場合もあったり、靴にもトレンドがあるので、中敷きだけをオーダーで作った方がファッション性の高い靴を履きながら足のケアも行えるのではないでしょうか。

 

まとめ

このように足に優しい靴の特徴に当てはまるような靴を選び、実際に購入前に一度試着してみる。少しだけ歩いてみる。ここを入念に行うことで足に優しい靴選びは可能です。

 

デザインも重要ですが、足の健康にも目を向け、そのうえでデザイン性の高い、あなたに合った靴選びをするようにしてください。

 

TOP:幅広・甲高のおしゃれな靴・パンプス・ブーツ特集!

関連ページ

自分の足の正しいサイズ・ワイズを知ろう!
自分の足にピッタリ合った靴を選ぶために自分の足の正しいサイズとワイズを知りましょう。これを知る事で幅広・甲高でも靴選びが楽になります。
靴選びに大切なこと・確認しておくこと
幅広や甲高の靴を選ぶとき、試着時に確認しておくといいことを紹介しています。