幅広・甲高の靴選びで大切なこと・確認しておくこと

靴選びに大切なこと・確認しておくこと

多くの人は普段履いている靴からそのサイズを判断しています。
でも、そのサイズがそもそも間違っているということは実は結構多いんです。
なのでまずは一度しっかりと測ってみてください。

 

自分の足の正しいサイズ・ワイズを知ろう!」で紹介していますが、まずは自分の足のサイズ・ワイズにあった靴を注文する必要があります。
その上で以下の点を試着時にしっかりと確認するようにしましょう。

 

フィット感を確かめる

靴を選ぶ上で重要なのがフィット感です。
幅広・甲高の靴を探している人はどうしてもゆるゆるの靴を選んでしまいがちですがゆるゆるの靴というのは足によくありません。
気持ちいいと感じる範囲でできるだけ細い幅のものを選ぶのも大切です。

 

フィット感を確かめる際は以下の点を確認してみましょう。
フィッティングの際は必ず靴を履いたらかかとを「トントン」として、かかとを合わせてからサイズを判断するようにしましょう。スポッと履けてしまうようなゆるい靴は足が前に滑っていることが多く、その状態でフィッティングを行うと大きいサイズを選んでしまいます。

 

土踏まず

土踏まずは体重を支える役割を果たします。
靴底や側面からしっかりと支えられていると感じるものを選びましょう。
土踏まずの下に隙間ができるような靴はしっかり体重を支えられず、スカスカな感じになるので注意してください。

 

この時に紐靴など固定の調整が可能な靴を選ぶとフィット感を調整しやすくなります。

 

かかと

土踏まずとかかとがしっかりとサポートされるものを選ぶと足が前に滑り落ちることがなくなり、つま先や指の付け根の痛みは軽減されます。
幅広の靴を探している人はゆったりした靴を選んでしまいがちですが、気持ちいいと感じる限りはできるだけ細い幅を選ぶのも大切です。でも、きつすぎはダメです。

 

つま先

つま先に痛いところがないかをチェックします。
土踏まずとかかとがピッタリ合っていて、なおかつ、つま先が当たらないものを選ぶようにしましょう。

ほとんどの靴には「捨て寸(すてすん)」と呼ばれるゆとりが設けられています。捨て寸とはつま先の空間のことです。
捨て寸の長さは靴のデザインによっても変わり、先のとがった靴は捨て寸も長く必要になります。
この捨て寸のサイズはメーカーによって違っていたり、同じメーカーであっても靴の目的によって異なることがあります。
この捨て寸があることで靴下の違いや足のむくみによるサイズの変化にも対応ができるわけです。

靴選びで失敗しがちなのは、捨て寸があることを知らずに「厚手の靴下も履くこともあるから少しゆとりのある靴にしよう」と大きいサイズを選んでしまうことです。これをやると捨て寸+αのサイズになり、結果的に大き過ぎる靴を選んでしまうことになります。

 

この捨て寸は0.5〜1cmが適切と言われています。
そのため、実寸のサイズを計測し、捨て寸を考慮した靴選びをするようにしましょう。

幅の丁度いい靴を履くと、足の甲で押さえられ足が止まります。つま先には適正な捨て寸が確保できるようになります。
ところが幅や厚みの緩い靴を履くと、甲で押さえられず足が正しい位置で止まらずに前に滑り、本来足を入れない捨て寸の部分にまで足が入ってしまいます。靴のつま先というのは、細くなっているものが多いため、結果的に親指が寄せられて指が曲がるなど外反母趾の原因になることもあります。

 

くるぶし

靴によってはくるぶしが当たってしまうものがあります。
くるぶしが当たる靴を選んでしまうと痛くて歩行が困難になることがあるため、ここもしっかりチェックしておきましょう。

 

トップライン

トップラインに隙間がなくなるものが適切です。土踏まずをしっかり支えられていればトップラインに隙間はなくなるはずです。

 

履き口

履き口はあまりきつく食い込むものは良くないですが、わずかに足の肉がはみ出ているくらいがちょうど良いと言います。

 

少し歩いて確かめましょう

足のサイズというのは荷重をかけると広がります。
基本的には立ってフィッティングを行うと思うので荷重位でのフィッティングが多いと思いますが、荷重位(力が加わって広がった状態)と非荷重位(力をかけていない状態)の差が大きい人は結構多いと言います。

 

荷重位のみでフィッティングをすると歩行時にサイズの変化があり、歩行が不安定になることがあります。
また、荷重位のみでフィッティングを行うと大きいサイズを選択してしまうことも多いのでしっかり荷重位、非荷重位を確かめるために歩行してみることも大切です。

 

 

フィッティングを行う際はこれらのことをしっかり確認することで足が痛くならない靴、歩きやすい靴を選ぶことができるようになります。

関連ページ

自分の足の正しいサイズ・ワイズを知ろう!
自分の足にピッタリ合った靴を選ぶために自分の足の正しいサイズとワイズを知りましょう。これを知る事で幅広・甲高でも靴選びが楽になります。
足に優しい靴の特徴・選ぶときのポイント
足に優しい靴・足が痛くならない靴の特徴と靴選びのポイント、オシャレな靴を足に優しく履く方法をまとめました。足に優しい靴を探している方は参考にしてください。